NanamiF

About Nanami Fujisawa

This author has not yet filled in any details.
So far Nanami Fujisawa has created 16 blog entries.

FiRe Conference にZEVAが招待されました

By |2019-08-27T14:48:24-07:00February 6th, 2019|Categories: Japanese Translations, News|

ZEVAの創設者でありCEOを務めているスティーヴ・ティヴィッツ(Steve Tibbitts) は マーク・アンダーソン氏(Mark Anderson/ Strategic News Service; CEO,Chair, Future in Review Conference Corp.; and Founding CEO, Pattern Computer Inc.)に招待され、ユタ州パークシティにある ステイン・エリクセン・ロッジ・ディア―・バレーにて2018年10月に開催される 第16回 Future in Review / FiRe conferenceにてパネルディスカッションに参加することになりました。 ――"これは最高のテクノロジーの協議会です" - エコノミスト スティーヴは 2018年10月10日 2:30-3:00pm より "ドローンとエアタクシー" という題でパネルディスカッションを行います。 このディスカッションは未来の交通について議論を交わします。何世紀にもわたり、交通は陸などの平面に依存していました。しかし近年、人々や物を高速に輸送する航空交通はより現実味を増してきました。 どのようにしてエアタクシーをあなたの身近な存在として成熟させていくか。この発展において、どんな障害が立ちはだかっているか。大きな落とし穴となる可能性のあるものは何か。騒音、プライバシー、セキュリティーをどのように扱っていくか。 パネラーは以下の通りです。

ZEVAは GoFundMe を開始しました

By |2019-08-27T14:48:24-07:00February 6th, 2019|Categories: Japanese Translations, News|

GoFundMe のページはこちら: gofundme.com/zero-prototype 私たちは日々、"空飛ぶクルマ" の開発に取り組んでいますが、一方でそれぞれ仕事をもっています。GoFundMeや他の媒体を介して資金調達を行うことによってチームZEVAは GoFly Prize に出場したいと考えています。決勝戦は 2019年10月に開催されます。これに合わせてできるだけ早く実機を製造したいと考えています。したがって、資金調達は私たちの運命を決める重要事項となります。私たちの資金調達目標は、$1.6M (約 1.7億円)です。私たちは投資家も探しています。GoFundMe の特徴として、会社と投資者がともに冒険するというシステムになっています。 一緒に"空飛ぶクルマ"を実現しましょう! 質問等ございましたら、いつでもご連絡ください。 --Steve

KING5 NEWS – タコマにある会社が “空飛ぶ円盤” の開発に挑戦しています

By |2019-08-27T14:48:24-07:00February 6th, 2019|Categories: Japanese Translations, News|

タコマにある会社 ZEVAが個人用の "空飛ぶ円盤" の開発にチャレンジしています。 KING5 のジェナ・ハンチャード(Jenna Hanchard) のレポートはこちら: https://www.king5.com/video/news/local/tacoma-company-wants-to-make-personal-flying-saucer/281-8233478

The News Tribune – エンジニア、デザイナー、そしてドリーマーが集まったワシントン州タコマのチーム、あなた専用の”空飛ぶ円盤”を作る!

By |2019-08-27T14:48:24-07:00February 6th, 2019|Categories: Japanese Translations, News|

アメリカ ワシントン州タコマを拠点にエンジニアやデザイナーが集まったチームが、人が移動するための空飛ぶ円盤を開発している。 機体のイメージは、大きな空飛ぶコインにプロペラが生えているよう。未来のフライングマシーンはこのような見た目になるのだろうか、、 チームZEVAが The News Tribune に取り上げられました!→こちら ぜひご覧ください。

ご挨拶 -August 13, 2018

By |2019-08-27T14:48:37-07:00February 6th, 2019|Categories: Japanese Translations, News|

ZEVAは都市交通用の個人用エアモビリティで交通渋滞の解決策を提案します。 ZEVAはエンジニア、デザイナー、ドリーマーが集結した、アメリカ ワシントン州タコマを拠点に活動しているチームです。私たちは3次元に交通を拡張します。私たちの最初の個人用エアモビリティZEROは、高速飛行と空港や道路での渋滞とは無縁の交通を提供します。ZEROは特許出願中のeVTOLであり、これは非常に狭い範囲に垂直に離着陸することができます。静音で効率のいい通勤ーーあなたの家からオフィスまで、ZEROが叶える本当の"Point-to-Point" トラベルを想像してみてください。あなたのガレージに収まったZEROは、毎時250 kmの高速飛行であなたをさっとオフィスへ連れます。 ZEVAの創始者は地面に依存した交通渋滞と交通インフラの弱点について答えを求めてきました。私たちの興味は空へ向かいました。都市が無秩序に広がるなか、私たちは飛行機が素早い移動の解決策だということに今まで目をつむってきました。もはやこれだけが問題ではないでしょう。”実際、交通はここ何十年も進化していない”とZEVAの創設者でありインダストリアルデザイナーであるStephen Tibbittsは言う。"ほとんどの地球上の人口の多い都市では土地が開拓者によって価値のあるものとなり、空港の所有者は要求に対して折れるしかなくなった。タコマだけでも22の空港が道路を作るために姿を消した。もう(滑走路が必要な)小さな飛行機では好きな場所に行くことができない。これはほかの個人用エアモビリティにないZEROの利点となる。どこへ行こうとも、私たちは道路も、空港も、もう必要ない!" 加えて、この個人用エアモビリティの利点は電動であることです。環境にやさしく、クリーンで、静かです。またこれは飛ぶことに楽しさをもたらすでしょう。毎時250 kmに加速することによって、好きな場所へ行くだけでなく、通勤渋滞に巻き込まれず、早く目的地に着くことができます。 "わたしたちはZEROのアイデアを10年以上持ち続けていた。その実現は、Boeingが主催するGoFlyによって触発された"とTibbittsは語る。"すべての計画は2004年8月にさかのぼる。ホバーモードとクルーズモードの両方をもつ電動エアモビリティはシャープにデザインされてきた。そして2005年、そのアイデアを具体化したものでNASAに補助金の申請をした。2017年に飛び、バッテリーやモーターの技術はついにTibbittsの夢に追い付いてきた。そして彼はZEVAを立ち上げた。" ZEVAは飽和した道路交通のジレンマや、環境を汚染するガスの絶え間ない排出、そして環境にやさしい空の旅に対して解決策を探し求める人々によって設立されました。そして現在の彼らのデザインは大変効率よく、高速飛行の可能なデザインです。そしてこのデザインとともに GoFly phase-2に挑みます。そして2019年10月、ついにその機体は同大会決勝戦で空を飛ぶことになります。その後、私たちはより顧客のニーズにこたえて機体の改良をし続ける予定です。 ZEVAは8月23日 Microsoft Building 33, 16080 NE 36th Way in Redmond, WA で開催される、Angel Capital Expo Northwestに参加する予定です。 さらなる情報、コンタクトはこちら Stephen Tibbitts at 253-820-7822, steve@zevaaero.com visit the ZEVA website at www.zevaaero.com.

Recent Posts